BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

『マジック: マナストライク』は、トレーディングカードゲームの金字塔『マジック:ザ・ギャザリング』の世界観を舞台としたリアルタイムストラテジーです。『マジック:ザ・ギャザリング』でおなじみの5つのマナの色ごとの特徴を理解し、プレインズウォーカー、クリーチャー、呪文を駆使して相手のガーディアンを倒すという非常に戦略性の高いゲームになっています。

『マジック: マナストライク』をブルースタックスでプレイするメリット

『マジック: マナストライク』は、世界で愛される『マジック:ザ・ギャザリング』の世界を美麗な3DCGで表現しています。眺めているだけでも大満足のグラフィックスなのですが、スマホでプレイしているとバッテリーの減りが気になったり端末が熱くなってしまったりといった悩みを抱えてしまいがちです。

しかし、こちらもまた世界中で愛されているAndroidアプリプレイヤーであるブルースタックスを利用し、PCで『マジック: マナストライク』をプレイすることでそういった悩みは解決できます。
また、美しいグラフィックスをPCの大画面で堪能できるのも嬉しい点です。

『マジック: マナストライク』をブルースタックスにインストール

初めてブルースタックスをご利用される方は、こちらの公式サイトからブルースタックスの最新版をダウンロードし、インストールを行ってください。また、過去のバージョンをお使いの場合は、最新版へのアップデートを行ってください。

ブルースタックスを起動後、検索バーに『マジック: マナストライク』と入力するか、Google Playのストアよりゲームをダウンロード、インストールしてください。

『マジック: マナストライク』とは

『マジック: マナストライク』では、デッキを作成する際にまずプレインズウォーカーを選択することになります。『マジック:ザ・ギャザリング』を知らない方はデッキのリーダーのようなものとお考えください。

プレインズウォーカーには5つのマナの色(赤、青、緑、白、黒)が割り振られており、デッキにはプレインズウォーカーに対応する色のカードか無色のカードしか加えることができません。

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

プレインズウォーカーの選択画面

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

デッキ作成画面: 左上のコストの帯の色がマナの色(茶色は無色)

デッキに編成するカードの枚数は7枚までとなっています。カードにはクリーチャーと呪文の2種類があります。

クリーチャーはいわゆる召喚ユニットであり、戦場に召喚すると敵召喚ユニットや敵ガーディアンなどに自動で攻撃してくれます。

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

呪文は敵召喚ユニットや敵ガーディアンにダメージやバッドステータスを与えるものから、味方召喚ユニットを強化するものまで様々な効果があります。

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

マナの色によってクリーチャーや呪文の効果には特徴があります。配信開始時点では、青には敵の攻撃の対象とならなくなるような効果を持つものが多く、緑には味方ユニットの補助を行う効果が多くなっており、そういった傾向を掴むことで戦略が立てやすくなると思います。

PCで『マジック: マナストライク』をプレイする

続いて戦闘について説明します。

戦闘画面は以下のような画面となっています。

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

試合時間は3分で、その間に相手のガーディアン(右端中央の大きなガーディアン)を倒すか、サブガーディアン(右端上下の小さなガーディアン)を相手より多く倒せば勝利となります。

終了1分前には「マナストライク」が発生し、時間経過によるマナの回復量が2倍になり、プレインズウォーカーの召喚回数も1回追加されます。

サブガーディアンを倒した数が同じであれば1分の延長時間が発生し、それでも決着がつかない時にはドローとなります。

試合開始時にデッキから手札として4枚のカードが配られます。戦闘画面下部のゲージに書かれた数字から消費コスト分のマナを消費することで手札のカードをプレイすることができます。
なお、カードを1枚プレイすると別のカードが1枚配られるため、手札が減ることはありません。

プレインズウォーカーやクリーチャーは画面右半分の自陣にしか召喚できません。

ただしプレインズウォーカーが画面左半分の敵陣に侵入している間は、プレインズウォーカーの周囲にクリーチャーを召喚することができます。

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

プレインズウォーカー周辺は赤くなっておらずクリーチャーが召喚可

プレインズウォーカーの召喚にはマナを消費しませんが、召喚回数は限られています。サブガーディアンを倒すと1回、「マナストライク」の発生時にも1回召喚回数が追加されますが、無計画に召喚すると後半戦をプレインズウォーカーなしで戦うことになり、苦戦を強いられるのでご注意ください。

呪文については敵陣・自陣を問わず、自由に効果範囲を指定することができます。ダメージを与える呪文のみを編成して相手のガーディアンだけを狙い続けることも可能です。

上記戦法を試したところ相手の召喚ユニットに攻められ放題で勿論負けました。しかし、色々な戦法を考えることがこのゲームの楽しいところです。

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

何度も戦闘を重ねていくとマジックパスやランク報酬でどんどんカードなどがもらえますので、試行錯誤しつつがんがん戦っていきましょう。

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

ランク報酬

BlueStacksを使ってPCで『マジック: マナストライク』を遊ぼう

マジックパス

ここまでご紹介してきた内容でお気づきかとは思いますが、デッキの構築やリアルタイムで変化する戦局を見ての判断など、『マジック: マナストライク』はTCG『マジック:ザ・ギャザリング』に負けず劣らずの戦略性の高いゲームとなっています。

興味をお持ちの方は、ブルースタックスを利用してPCの前でじっくり座ってプレイしてみてはいかがでしょうか?

BlueStacksで『マジック: マナストライク』を今すぐダウンロード

コメント