• ディスククリーンアップ

    空き容量を確保してパフォーマンスを最大化。

    ゲームをアンインストールしたり、BlueStacksからアプリを削除しても、Windowsの空き容量がそのままになる場合があります。ディスク領域の消費量が多くなったり、ハードドライブがいっぱいになると、PCのパフォーマンスが低下してしまいます。BlueStacksの「ディスククリーンアップユーティリティ」機能を使用することで、アプリに割り当てられていたディスク領域が解放されます。 これにより、PCの空き容量が確保され、パフォーマンスを向上させることができます。

    ディスククリーンアップユーティリティの実行には2つの方法があります。

    • 方法 1:BlueStacksの環境設定から

      • 環境設定を開きます(サイドバーの右下にあるアイコンをクリックするか、CTRL+Shift+Iを押す)

        Utility Step Image
      • 「ユーザーデータ」に移動します

        Utility Step Image
      • 「スペースの解放」をクリックして「続行」を選択します

        Utility Step Image
      • 数分後、BlueStacksが自動的に立ち上がります。

        Utility Step Image

      Utility First Asset
    • 方法2:マルチインスタンスマネージャーからインスタンスを削除する

      • 「マルチインスタンスマネージャー」を開きます

        Utility Step Image
      • 画面右下のディスククリーンアップアイコンをクリックします。

        Utility Step Image
      • 「続行」をクリックします

        Utility Step Image
      • プロセス完了のメッセージが表示されたら、BlueStacksを再度起動します。

        Utility Step Image

      Utility First Asset
  • デバイスプロファイルの変更

    機種に関係なくどんなゲームでも快適にプレイ。

    Androidゲームの中には、特定のデバイスでしか動作しないものがあり、そのためGoogle Play ストアからダウンロードできない場合があります。一部のゲームは、特定の技術的要件により、特定のデバイス上でより良いパフォーマンスを発揮します。BlueStacksでは、現在のデバイスプロフィールを手動または自動で切り替えることにより、そのような「専用デバイスゲーム」や「特定のデバイスでより快適に動作するゲーム」を問題なくプレイすることができます。

    • デバイスプロフィールを変更する方法

      • 環境設定を開きます(サイドバーの下部にある歯車のアイコンをクリックするか、CTRL+Shift+I)。

        Utility Step Image
      • デバイスをクリックします。

        Utility Step Image
      • デバイスプロファイルの変更

        Utility Step Image

      Utility First Asset
  • スクリーンショット

    最高の瞬間をスクリーンショットに収めましょう

    ゲームの中の思いがけない瞬間は、ゲームプレイ全体の体験を豊かにしてくれます。そのような素晴らしい瞬間が訪れたときは、是非スクリーンショットを撮って友人と共有しましょう。BlueStacksに内蔵されたスクリーンショットユーティリティを使えば、簡単にスクリーンショットを撮影することができます(CTRL+Shift+Sを押すか、ツールバーのカメラアイコンをクリック)

    • スクリーンショットの撮り方

      • CTRL + Shift + Sを押すか、ツールバーのカメラアイコンをクリックします

        Utility Step Image
      • 初めてスクリーンショットを撮る場合は、デフォルト、現在、カスタムから選択する必要があります。現在を使用すると、C://Users/---/Picture/BlueStacksフォルダに保存されます。

        Utility Step Image
      • カスタムを選択した場合、スクリーンショットを保存するフォルダを選択し、OKをクリックします。

        Utility Step Image

      Utility First Asset
    • スクリーンショットにアクセスする方法

      スクリーンショットを保存したら、BlueStacksのメディアマネージャーまたは選択したWindows/カスタムフォルダからアクセスすることができます。
      ゲームプレイのすべてのスクリーンショットを表示するには、次の手順に従ってください。

      • 「マイゲーム」にて「システムアプリ」を選択します。

        Utility Step Image
      • メディアマネージャーを開きます。

        Utility Step Image
      • 「ギャラリー」に移動して「DCIM」フォルダを選択します。

        Utility Step Image
      • スクリーンショットの表示と削除はこちらから行えます。

        Utility Step Image

      Utility First Asset
  • 最前面にピン留め

    マルチタスク時にBlueStacksのウィンドウを最前面に維持します。

    PC上で動作しているすべてのアプリケーションの最前面にBlueStacksを維持することができます。これにより、BlueStacksでお気に入りのゲームをプレイしながら、どのウィンドウも最小化することなくマルチタスクを行うことができます。さらにこれにより、ゲーム内で起こる重要なイベントに素早く対応できるようになります。

    • 最前面にピン留めの使用方法

      • BlueStacksを起動し、ハンバーガーメニュー(三本線のアイコン)をクリックします。

        Utility Step Image
      • ドロップダウンメニューから「最前面にピン留め」を有効にします。

        Utility Step Image

      Utility First Asset
  • ドラッグ&ドロップ

    ゲーム内のコミュニティで画像や動画を共有する

    ゲームのレアな瞬間、攻略動画などをドラッグ&ドロップで簡単に録画してゲーム内のコミュニティと共有できます。BlueStacksを使えば、チャットでチームメイトと交流したり、メディアを共有したりすることができます。

    • ドラッグ&ドロップの使用方法

      • メディアファイルを共有したいアプリを起動します。

        Utility Step Image
      • アプリ内チャットを開きます。

        Utility Step Image
      • メディアファイルが保存されているフォルダを開きます。

        Utility Step Image
      • 共有したいファイルをドラッグして、アプリのチャットにドロップします。

        Utility Step Image
      • ファイルのインポートが完了したら、共有することができます。

        Utility Step Image

      Utility First Asset
  • APKのインストール

    他の言語のゲームをプレイしたいが、国/地域制限のためにダウンロードできない場合、ゲームのAPKファイルのインストールをお勧めします。APKファイルを通じてマルウェアが配布される場合があるため、ダウンロードを行う前に、信頼できるソースかどうかをご確認ください。その後、同じAPKバンドル/ファイルを使ってBlueStacksにゲームをインストールしてください。

    • APKを用いてアプリをインストールする方法

      • APKファイルをダウンロードし、BlueStacksを起動します。

        Utility Step Image
      • サイドツールバーから「APKをインストール」ボタンをクリックします。

        Utility Step Image
      • Windowsエクスプローラーのポップアップが表示されるので、APKファイルに移動します。

        Utility Step Image
      • ファイルを選択して「開く」をクリックします。

        Utility Step Image
      • インストールが完了すると、BlueStacksのホーム画面にアプリが表示されます。

        Utility Step Image

      または、ダウンロードしたAPKファイルをドラッグ&ドロップして、BlueStacksにインストールすることも可能です。

      Utility First Asset
インストール