BlueStacksを使ってPCで『三国志大戦M:超本格戦略型カードRPG』を遊ぼう

『三国志大戦M:超本格戦略型カードRPG』(以下、『三国志大戦M』)は、2005年から続くアーケードの人気ゲーム『三国志大戦』をスマホアプリ向けに進化させた作品です。

アーケード版はオンラインTCGでありプレイヤー同士の対戦ゲームでしたが、『三国志大戦M』は対人戦こそ用意されているもののメインストーリーはステージを攻略していくRPGとなっています。

『三国志大戦M』をブルースタックスでプレイするメリット

『三国志大戦M』は、アーケードゲーム『三国志大戦』の戦闘画面を再現するためにふんだんに3Dグラフィックスを用いたゲームとなっています。しかし折角再現度が高いグラフィックスもスマホの小さな画面で見るのでは少々物足りなく感じるかもしれません。

そんな時にお勧めしたいのが、世界で4億ダウンロードを誇るAndroidアプリプレイヤーであるブルースタックスです。ブルースタックスを利用しパソコンで『三国志大戦M』をプレイすることで、パソコンの大きな画面で『三国志大戦M』のグラフィックスに見惚れることができます。

また、3Dグラフィックスを利用しているゲームにありがちな「スマホが熱くなる」「バッテリーの減りが早い」といった悩みもパソコンで遊ぶことで解消されます。

『三国志大戦M』をブルースタックスにインストール

初めてブルースタックスをご利用される方は、こちらの公式サイトからブルースタックスの最新版をダウンロードし、インストールを行ってください。また、過去のバージョンをお使いの場合は、最新版へのアップデートを行ってください。

ブルースタックスを起動後、検索バーに『三国志大戦M:超本格戦略型カードRPG』と入力するか、Google Playのストアよりゲームをダウンロード、インストールしてください。

『三国志大戦M』の紹介

ここからは実際にブルースタックスで『三国志大戦M』をプレイしたうえで、ゲームについてご紹介したいと思います。

『三国志大戦M』のホーム画面というべき画面は、MMORPGの町中のような作りになっています。画面右側にあるクエストをタップするとオートで移動して対象のNPCに話しかけてくれるため、移動の手間はありません。

画面右下の「征戦」ボタンからストーリーミッションに進むことができます。

「征戦」はリリースわずか4ヶ月程度しか経っていない2020年1月24日現在でも、30章以上が実装されている大ボリュームとなっています。

この「征戦」を進めていくことでSR武将やSR装備などが入手できるため、手持ちの戦力で進められる限りどんどん進めていくといいでしょう。

「征戦」のステージを選択するとストーリーの会話イベントの後(※ない場合もあります)、戦闘に入ります。

戦闘前に味方と敵の布陣を確認できますが、この時に敵を確認することでどの列にダメージを与える「計略」が飛んできやすいかをチェックし、配置場所を変えるといった采配も必要になります。

PCで『三国志大戦M』をプレイする

戦闘はセミオートバトルとなっており、プレイヤーは武将の「計略」を使う以外の操作をする必要はありません。

画面右下の武将のアイコンが点灯している時にその武将のアイコンをタップすることで『三国志大戦』では定番の「計略」を使うことができます。

「計略」はいわゆるスキルであり、美麗なカットインとド派手な3Dグラフィックスの演出とともに大ダメージを与えたり、強力な補助効果を発揮して戦局に大きな影響を与えます。

戦闘システムは変わっているものの、元の『三国志大戦』を知っているプレイヤーには馴染みのある「計略」もあるようです。

「征戦」で詰まった際にはキャラを強化しましょう。

「征戦」に参加しなくても、他の武将や経験値素材を素材にすることで武将をレベルアップすることができます。

また限界突破用のアイテム「突破丹」を用いることで武将を限界突破することができます。「突破丹」はガチャを回さなくても「征戦」の報酬などで手に入るのが嬉しいところです。

ちなみに今現在どんな武将が実装されているかは「武将図鑑」で確認することができます。

UR武将は三国志に詳しくない私でも知っている武将ばかりです

入手方法も武将図鑑から確認することができるので、この武将はどの「征戦」のMAPで手に入ったかなと疑問に思った際に便利です。

また、ゲームの進め方に迷った際などには実績を確認してみるとよいでしょう。

達成できそうな報酬をクリアしていくことを目標にすれば、ゲームを着実に進められるだけでなく報酬ももらえて美味しいですよ。

今回はご紹介できませんでしたが、『三国志大戦M』には徐々に戦闘力が上がっていく敵軍を倒していく「無双試練」、対人戦コンテンツの「演武場」や「名宝争奪」といった多数のコンテンツが用意されています。

ぜひこの記事を参考にブルースタックスで『三国志大戦M』をプレイして、魅力満点のコンテンツに触れてみてください。

BlueStacksで『三国志大戦M』を今すぐダウンロード

コメント