攻略ガイド

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

3つのコミックからヒーローが勢揃い!

<さまざまな場所で活躍するヒーローたちが集結>

韓国の人気WEBコミック「ゴッド・オブ・ハイスクール」「神之塔」「モーレツ戦士」に登場するヒーローたちと、ゲームオリジナルのキャラクターが共に敵と戦う『ヒーローカンターレ』(以下、『ヒロカン』)。

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

『ヒーローカンターレ』タイトル画面(コラボイベント用)

題材は豪華であるものの、日本では知名度が高いかと言われるとやや微妙な点であり、ゲーム内でキャラクターの出典が特に書かれておらず、ヒーローに興味を持ってもどの原作に登場するかが分かりにくくなっています。

ゲーム内の図鑑でもヒーローの詳細のプロフィールや、登場するコミックの情報もないため、どちらかというと『ヒロカン』は原作を知っているユーザー向けのゲームとなっているかもしれません。

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

図鑑から所持しているヒーローの情報は見れるものの…

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

ゲーム内のステータスしか見れないのが惜しい(上記のクン・エッドアンは「神之塔」の登場人物)

また、『ヒロカン』は個性的なキャラクターが多く登場しますが、韓国の人気コミックということもあり、一部日本ではあまり馴染みのない名前のキャラクターもいます。

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

「ハン・デイ」と「ジン・モリ」は「ゴッド・オブ・ハイスクール」の登場キャラクター

ただし『ヒロカン』にはオリジナルのストーリーが用意されているので、出番の多い主要人物は問題なく名前を覚えていけます。

その分登場するキャラクターのことをもっと知りたくなってくるため、今後ゲーム内で仲間の詳細が分かる機能の実装を待ちたいところですね。

放置要素もあり時間が取れないユーザーも遊びやすい

<放置の時間も利用して育成しよう>

『ヒロカン』はゲームを遊んでいない時でも、キャラクターを育てるための経験値アイテムやお金が貰える放置要素があります。筆者自身もゲームを遊んで感じましたが、キャラクターの育成をしていくとかなりお金が不足気味に…。そのため、放置によってお金などが貰えるのは非常に助かります。

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

ステージを進めていくほど放置時の報酬も多くな

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

キャラクターのレベルは自動的に上がらないため注意

<依頼は毎日必ずチェックを!>

また、『ヒロカン』にはガチャを引くための「次元ポータル」、ゲーム内のお金を使うことで装備品や育成素材を買える「デイジーショップ」と「PopUpショップ」があります。ゲーム内では分かりづらいですが、こちらでは各お店ごとに計3回まで特別な依頼を受けることが可能です。

依頼を受ける時には一部のヒーローを派遣する必要がありますが、派遣したところで戦力が減ることもないため、好きなヒーローに任務を依頼してもらって問題ありません。

特に次元ポータルの管理者のオデットは、ガチャを引くための石を貰えるため、毎日欠かさず依頼を受けるのがおすすめです。

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

ガチャ用の石が貰えるのは大きい。忘れずに依頼を受けよう

<1人のヒーローをじっくり育てられる>

『ヒロカン』の特徴のひとつとして、たとえランクが低いキャラクターでも、レベルを上げたり良い装備品を渡す、また「超越」というシステムを使うことで、長く活躍できるヒーローを育てることができます。

超越は仲間のステータス画面から見ることができ、命中率アップなどの基礎ステータスのアップや、新しいスキルを覚えさせることも。特にスキルを覚えさせると戦闘で幅広い活躍が期待できるので、優先的に覚えさせていきたいですね。

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

育成用のパネルはどのキャラクターもかなり豊富

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

新しいスキルを覚えたら戦闘で使用感を試してみよう

ただし上記の超越システムでパネルを解放させていくためには、特別な育成素材が必要となります。通常のステージではなかなか手に入りにくいですが、ゲームを進めていくと「次元の亀裂」という素材獲得に特化したステージが解放されます。

一度クリアしたステージは即クリアも可能なため、こちらも優先的にクリアしていきたいところ。ただし一日に挑める回数が決まっているため、その点だけ注意しましょう。

BlueStacks:『ヒーローカンターレ』の世界観とシステム要素紹介

次元の狭間に挑めるようになったら挑戦してみよう

<全体的にブルースタックスでも遊びやすい>

『ヒロカン』をブルースタックスを通じて数日プレイした筆者ですが、キャラクターの個性がかなり強く、またゲーム自体も育成要素が多く遊びやすいのも◎。キャラクターの立ち絵も美麗なイラストでまとまっているので、ブルースタックスの大画面との相性の良さも感じました

スキル発動用にキーマッピングなども設定されていますが、こちらは特に使用せずマウスのみでも遊べます。『ヒロカン』はオートモードも優秀なため、よほど拮抗した戦闘でない限りはオートに任せてしまっても問題ありません。

ぜひブルースタックスを通じて、数多くのヒーローが集結した物語をお楽しみください。

『ヒーローカンターレ』アプリレビュー記事はこちら

ヒーローカンターレそのほかの攻略記事はこちら

BlueStacks動画

  • How to use the Free Look Feature in Free Fire with BlueStacks

    Feb 24, 2021

    How to use the Free Look Feature in Free Fire with BlueStacks

  • How to Play Marvel Strike Force on PC with BlueStacks

    Jan 27, 2021

    How to Play Marvel Strike Force on PC with BlueStacks

  • What's new in BlueStacks Version 4.260 | Precision Zoom with Keyboard in Rise of Kingdoms

    Jan 18, 2021

    What's new in BlueStacks Version 4.260 | Precision Zoom with Keyboard in Rise of Kingdoms

すべて表示

BlueStacksリスト

ニュース

インストール

ウィークリーニュースレターから幅広いゲームコンテンツへアクセス!

PCでお気に入りのAndroidゲームを遊ぼう。