大三国志
このページには広告が含まれます

大三国志

頭脳系

| NetEase Games

BLUESTACKS VERIFIED

BlueStacksを使ってPCでプレイ - 5憶以上のユーザーが愛用している高機能Androidゲーミングプラットフォーム

Play on PC with BlueStacks or from our cloud

  • 概要
  • 役立つヒント
  • プレイ方法

ページ更新日: : 7月 27, 2022

『大三国志』をPCでプレイしよう

多くの古参プレイヤーに愛され、今年で4周年を迎える『大三国志』は、限界知らずの風雲変幻な世界で、自分だけの三国歴史を紡ぎ出すことができる歴史シミュレーションゲームです。

 

「荒野行動」シリーズや「ライフアフター」など、壮大な世界観を持つ大作を多く世に送り出している中国のデベロッパー、NetEase Games(NetEase,Inc.)が配信しています。

 

プレイヤーはハイグラフィックな3DCGで描かれた古戦場に、1人の諸侯として参戦します。才覚と経験を発揮して、ご自身の決断と取捨選択で144万マスの世界を切り拓いていきましょう!

 

登場する武将の数は300名以上、そこに戦法や部隊の組み合わせがあるため戦略は無限大です。戦況を読み、臨機応変に編成することで勝利を勝ち取ることができます。

 

また、シミュレーションゲームにありがちな、VIP特権の設定、資源や兵卒の販売、進軍スピードの加速などはなく、フェアな戦略性をもって挑めるところも大きな魅力です。

 

一度プレイすれば、奥深さと面白さに驚かされることでしょう。あなたも『大三国志』の世界に参戦してみませんか!?

PCで大三国志 をダウンロードしてプレイする方法

  • BlueStacksをダウンロードしてPCにインストールします。

  • GoogleにサインインしてGoogle Play ストアにアクセスします。(こちらの操作は後で行っても問題ありません)

  • 右上の検索バーに大三国志を入力して検索します。

  • クリックして検索結果から大三国志をインストールします。

  • Googleサインインを完了して大三国志をインストールします。※手順2を飛ばしていた場合

  • ホーム画面にて大三国志のアイコンをクリックしてアプリを起動します。

Watch Video

「三国志」の壮大な世界を余すことなく体験するには、ブルースタックスを使用して遊ぶことがおすすめです。スマホよりいっそう大画面で楽しめ、没入感を持てることはもちろん、画面が大きいことでステータスも見やすくなって目に優しく、快適です。

最小システム要件

BlueStacks 5は、以下の要件を満たすPCで起動することができます。

  • オペレーティングシステム

    マイクロソフトWindows 7以降

  • プロセッサ

    IntelまたはAMDプロセッサ

  • RAM

    最低4GB以上

  • HDD

    5GBの空きディスク容量

Note:

* PCの管理者でなければなりません。 マイクロソフトまたはチップセットベンダーの最新のグラフィックドライバ

大三国志 - よくあるご質問

  • WindowsまたはMacで大三国志をプレイする方法

    以下の簡単な手順に従うことで、PCまたはMacで大三国志をプレイできます.

    • 「PCで大三国志をプレイ」をクリックしてBlueStacksをダウンロードします。
    • BlueStacksをインストールしてGoogle Play ストアにログインします。
    • BlueStacksを起動してゲームをプレイします。
  • BlueStacksがPCでのゲームプレイにおいて最も高速かつ安全なプラットフォームである理由

    BlueStacksはユーザーのプライバシーを尊重しており、常に安全に使用することができます。マルウェア、スパイウェア、PCに害を及ぼす可能性のある追加ソフトウェアの類は一切含まれていません。

    速度とパフォーマンスを最適化し、シームレスなゲームプレイ体験を実現するために設計されています。

  • 大三国志のPC要件を教えてください。

    PCで大三国志を起動するための最小要件

    • OS: Microsoft Windows 7以降
    • プロセッサ: IntelまたはAMDプロセッサ
    • RAM:お使いのPCには最低2GBのRAMが必要です。(2GB以上のディスク容量はRAMの代わりにはなりませんのでご注意ください)
    • HDD:5GBの空きディスク容量
    • PCの管理者でなければなりません。